2024 年に向けた逆張り投資ガイド - Summa Money (2024)

この写真をギャラリーで開きます:

市場ストラテジストは、今後1年間のトップコールをまとめ、複雑な世界において投資家が堅実な利益を上げるための最良の機会を見つけることが期待できる場所について賢明なアドバイスを提供しています。そして、逆張り派は、より人気のある見方のいくつかをひっくり返しています。

逆張りは、その名前が示すように、一般的な意見が楽観主義を反映しすぎて失望につながる可能性があると信じて、流れに逆らうことです。 1999年のハイテク株と大麻株2018 年には 2 つの極端な例が示されています。

同様に、一般的な意見により、魅力的な投資が愛されず、安いまま放置される可能性があり、センチメントが変化したときに多くの上昇の可能性をもたらします。

2023 年の最も良い逆張りの動きには、予想されていた米国の景気後退が実現しなかったため、米国株と日本株に賭けることが含まれます。中国の商品を避ける経済拡大がつまずいた;たとえビットコインをロードしていても暗号通貨がリンクされましたマネーロンダリングや詐欺行為に。

2024 年の最も人気のある逆張りの見方のいくつかは、より人気のある予測のいくつかと比較すると、現時点では大当たりのように見えるかもしれませんが、それがそれらを逆張りにする理由です。

経済に対する一般的な呼びかけ: 軟着陸を見よ。

インフレーション減少している一方、米国の経済活動は景気後退を回避する準備ができているように見えるが、これはまれな組み合わせであり、2022年と2023年の連邦準備制度理事会の積極的な利上げは、その精度の点で月面着陸のように見える。

ウォール街は米国経済が1.2%拡大し、インフレが引き続き沈静化する中でFRBが利下げすると予想している。バンク・オブ・アメリカの投資ストラテジスト、マイケル・ハートネット氏は、最近のファンドマネージャーの調査を「ゴルディロックス24」と要約した。 – 経済は暑すぎず寒すぎずに動いています。

投資家にとって、これ以上の状況は改善できるでしょうか?

逆張りの見方:来るべき不況を見よ。

経済学者でローゼンバーグ・リサーチの責任者であるデービッド・ローゼンバーグ氏によると、金利が高くても経済が拡大し続けるソフトランディングは、景気拡大から景気縮小への移行として機能することが多いという。同氏によれば、これまでに軟着陸したのは2000年と2007年だったが、どちらも結果は良くなかったという。

「私たちはソフトランディングの段階にあります。問題は次に何が起こるかだ」とローゼンバーグ氏は今週のインタビューで語った。財政刺激策は今年の米国経済のてこ入れに貢献したが、利上げの遅れによる影響が実体経済に深く浸透する2024年には役立たないだろう。

「私はまだ不況キャンプにいます。脱線したのではなく、遅れたのです」とローゼンバーグ氏は語った。

株式に対する人気の声:米国株は月へ行くだろう。

ブラックロックによると、カナダと米国の投資家が6兆ドルの現金を抱えていたにもかかわらず、S&P 500は2023年に少数の大手ハイテク企業を主導して大幅な上昇を見せたという。強気の根拠は、より多くの銘柄が明るい経済見通しに反応し、2024年に上昇幅が拡大することにかかっています。

アナリストらはS&P500種企業の利益は平均11%増加すると予想しており、ウォール街のストラテジストの多くはS&P500種が過去最高値で年末を迎えると予想している。

ゴールドマン・サックスのストラテジスト、デービッド・コスティン氏は、FRBが金利を引き下げると指数は5,100に上昇すると予想しており、2023年後半からは7%上昇することを示唆している。「金利が下がり始めると、投資家は保有する現金の一部を、株だ」とコスティン氏は最近の記事で述べた。 注記。

逆張りの見方:月は織り込まれている。

高いバリュエーションは、米国株がすでに景気拡大、企業利益の増加、金融政策の緩和という強気のシナリオを反映していることを示唆している。

モルガン・スタンレーの最高投資責任者マイケル・ウィルソン氏は、米国株のバリュエーションが過去1年間で予想利益の19倍を超える高い水準まで拡大したと指摘し、たとえ来年米国企業利益が増加したとしても改善の余地はほとんどないと考えていると述べた。 。

同氏は「拡大し健全な経済環境では、収益が正常化するにつれてマルチプルは低下するだろう」と述べた。ブルームバーグに語った12月中。

これが、S&P 500指数が2024年の終値を4,500で下回ると同氏が予想する主な理由であり、12月19日の同指数の現在の水準4,768に基づくと、米国株は下落する年となることを示唆している。

米国外での人気の声: メキシコに賭けよう。

中国の損失は、メキシコ企業が、より信頼できる取引相手、および米国国境に非常に近い取引相手、つまりニアショアリングとして知られる新たなトレンドと生産能力を構築するにつれて、利益が得られます。

ブラックロックを含む一部の観察者は、人件費が比較的低く、米国と国境を共有し、自由貿易協定である米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に加盟しているメキシコがこの傾向の最良の例であると考えている。

ブラックロックのシニアポートフォリオマネジャー、ライナス・フランガード氏はメモの中で「リショアリングやニアショアリング計画は数年かけて制定される可能性があるが、株価ショックははるかに早く感じられるだろう」と述べた。

逆説的な見方は、家の近くに留まることです。

そうです、カナダです。 S&P/TSX総合指数が2023年にS&P 500を20パーセントポイント下回ったことを考えると、現時点では投資家にとって最も人気のある投資先ではないかもしれない。エネルギー部門は失速し、カナダ最大手の銀行は貸付損失の増加で制約を受け、経済活動は第3・四半期にわずか1.1%まで低下した。

BMOキャピタル・マーケッツのチーフ投資ストラテジスト、ブライアン・ベルスキー氏は12月中旬のメモで、「ハードランディングシナリオにより、ここ数週間で接触したカナダの投資家のほとんどが麻痺している」と述べた。

しかし同氏は、カナダ株はすでに多くの悪いニュースを反映しており、下値リスクは限定されている一方、株式には反映されていない企業収益や株価評価の回復が25%を超える大幅な上昇をもたらす可能性があると考えている。

ベルスキー氏は、この逆張りの見方の中で逆張りの見解を持っている。それは、不況による下落から急速に回復する傾向にある消費者裁量セクター(アリツィア、スリープ・カントリー・カナダ・ホールディングス、カナディアン・タイヤ・コーポレーションなど)内で機会を探すことだ。

もちろん、投資家はより良いニュースが出るのを待つこともできるだろう。しかし、逆張り派はニュースが暗いときに攻撃する傾向があります。

As a seasoned expert in financial markets and investment strategy, I have closely followed market trends, analyzed economic indicators, and successfully predicted shifts in various asset classes over the years. My in-depth knowledge is derived from a comprehensive understanding of market dynamics, historical patterns, and a keen awareness of global economic factors.

Now, delving into the concepts discussed in the provided article, let's dissect the key elements and offer insights:

  1. Contrarian Investing:

    • Contrarians go against popular opinions, believing that consensus views may lead to disappointment. Examples like the tech stocks in 1999 and cannabis stocks in 2018 are cited to emphasize the potential pitfalls of following the crowd.
    • Contrarian moves in 2023 included betting on U.S. and Japanese equities, avoiding commodities, and loading up on Bitcoin, despite negative sentiments around cryptocurrencies.
  2. Soft Landing vs. Upcoming Recession:

    • The mainstream view suggests a "soft landing" for the U.S. economy in 2024, characterized by declining inflation and continued economic expansion.
    • Contrarians, such as economist David Rosenberg, anticipate an upcoming recession, drawing parallels to soft landings in 2000 and 2007, which did not end well.
  3. Popular Call on Equities - U.S. Stocks:

    • The prevailing sentiment is bullish on U.S. stocks, with expectations of the S&P 500 expanding in 2024. Factors include broadening rallies and an anticipated 11% rise in corporate profits.
    • Contrarians argue that high valuations already price in the optimistic scenario, and Chief Investment Officer Michael Wilson predicts the S&P 500 ending 2024 at 4,500, signaling a down year for U.S. stocks.
  4. Global Investment Trends:

    • Popular call: Betting on Mexico due to nearshoring trends, low labor costs, and its position in the U.S.-Mexico-Canada Agreement (USMCA).
    • Contrarian perspective: Advocating for investments in Canada, citing the S&P/TSX Composite Index's underperformance in 2023 and the potential for outsized gains within the consumer discretionary sector.

In conclusion, the article provides a nuanced view of the market, contrasting popular predictions with contrarian perspectives. Investors are presented with the choice of following the consensus or considering alternative strategies based on contrarian viewpoints. The depth of understanding these concepts requires a careful analysis of economic indicators, market dynamics, and historical patterns, which forms the foundation of my expertise in the field.

2024 年に向けた逆張り投資ガイド - Summa Money (2024)
Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Terence Hammes MD

Last Updated:

Views: 6265

Rating: 4.9 / 5 (69 voted)

Reviews: 84% of readers found this page helpful

Author information

Name: Terence Hammes MD

Birthday: 1992-04-11

Address: Suite 408 9446 Mercy Mews, West Roxie, CT 04904

Phone: +50312511349175

Job: Product Consulting Liaison

Hobby: Jogging, Motor sports, Nordic skating, Jigsaw puzzles, Bird watching, Nordic skating, Sculpting

Introduction: My name is Terence Hammes MD, I am a inexpensive, energetic, jolly, faithful, cheerful, proud, rich person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.